今年度事業計画

令和4年度 全国老人保健施設連盟 事業計画

【令和4年度活動方針】

 「介護老人保健施設(以下、老健施設)を政治的側面から強力に支援する」という本連盟設立の趣旨に則り、  ・介護保険制度の持続・充実
 ・老健施設の安定経営
 ・介護人材確保・処遇改善
のための施策と財源確保を重点要望事項として、関係国会議員、地域包括ケアシステム・介護推進議員連盟(以下、議連)等に働きかけ、幅広く活動していく。
 また、組織基盤の強化は喫緊の課題であり、広報の充実等の取り組みにより、さらなる会員増強を図る。

1会議

 組織活動の検討及び意思決定のため次の会議を開催する。
(1)常任執行委員会
   必要に応じて開催し、本連盟の運営について協議する。
(2)執行委員会
   規約第20条の規定に基づき、年2回開催するほか、必要に応じて開催する。
(3)大会
   必要に応じて開催する。

2要望活動

 令和4年度活動方針に掲げた重点要望事項達成のため、地域包括ケアシステム・介護推進議員連盟との連携をさらに強めて要望活動を進めていくとともに、与党、関係国会議員等に対しても積極的に要望事項を訴えていく。

3選挙活動

(1)夏に実施される参議院議員通常選挙に向け
 ・比例区については本連盟が推薦する自見はなこ氏、園田修光氏を支援する活動を強力に進めていく。
 ・選挙区については、老健施設に理解があり、本連盟が掲げる政策協定事項を理解・賛同する候補者を積極的に支援する。
 
(2)各都道府県における地方選挙等については、地域の事情に応じ、要請があった場合には常任執行委員会で協議の上、可能な範囲で支援する。

4組織強化

(1)会員増強
   老健施設従業者全員を対象に会員増強をはかり、特にB会員の新規獲得を行うための具体的方策を検討し、実施する。
(2)支部活動の支援
   すでに組織されている支部への支援を行うとともに、未だ支部が結成されていない各都道府県においても支部が設立されるよう、働きかけていく。

5広報活動

(1)ホームページ等による情報発信
  ホームページやSNSを用い、本連盟の活動について適宜情報発信を行うことで、広く国民の理解を求めるとともに、会員勧誘にもつなげていく。
(2)会員に対する情報提供
  メール等により、会員への迅速かつ効率的な情報伝達・情報提供に努める。

6その他

 活動方針に基づき、上記以外にも重点要望事項達成のために必要な諸活動を展開する。